Norton 360でOutlookが起動不能に、そして解決

昨日は、いつものようにOutlookを起動しようとしたところ、下記のようなエラーメッセージがでました。

Microsoft Outlook を起動できません。Outlook ウィンドウを開けません。このフォルダーのセットを開けません。ファイル●:\●\Outlookファイル●.pst を開けません。

このため、bingにてエラーメッセージを検索したところ、Microsoft社のサイトにたどり着きました。幾つか試した後、画面に問い合わせフリーダイヤルが表示されたので、電話しました。

電話はあまり待たずにつながりました。エラーメッセージの内容を伝えたところ、使用しているセキュリティソフトについての質問を受けましたので、Norton 360を使用していることを伝えました。

すると、セキュリティソフトがウイルスと勘違いしてしまうことがよくあることで、アンインストール手順はその電話で教えていただけることと、その後の再インストール手順についてはノートンに問い合わせてほしいと伺いました。

教えていただいたアンインストールの手順は、「ノートン削除ツール」で検索し、実行するというものでした。Norton 360をアンインストールせず一時的に無効にしても、駄目だそうです。

この方法でノートンを削除したところ、問題無く元通りにOutlookが起動するようになりました。

再インストールは、やや面倒でした。使用していたNorton 360は、問題が発生したPCのほか2台にインストールしていて、許可されている3台分のライセンスをすべて使っていました。以前インストールしたPCに再インストールするだけなので、そのままインストールできても良さそうに思いましたが、そのままではインストールできませんでした。このため、ノートンのサイトにて、前に同じPCにインストールしたライセンスを解除して、使用中のライセンス数を3から2に変更しました。すると、使用可能なライセンス数が0から1に変わり、再インストールできるようになりました。その後、再インストールして、Norton 360も戻りました。

このような障害が発生しないのが一番だと思うのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。

更新

コメントを残す