WindowsのシステムドライブをHDDに戻してしばらく経ったときの体感速度

Windows のシステムドライブをHDDに戻し再構築」を書いてからひと月ほど使い続けてきました。
その後、体感速度が変わってきましたので、修正したいと思います。
使っているうちに遅くなってきたというのではなく、再構築後、私の認識が変わってきたのだと思います。

重たいソフトの起動時間などは、SSDのときと比べて、1.5倍~2倍ほどかかっているのではないかと感じられます。
PCの電源投入後、ログイン画面が出るまではほとんどかかりません。けれども、ログイン後、デスクトップが表示されるまでの時間は結構長くかかっています。

ひと月前から使い続けているHDDはWD Redです。回転数は、箱の記載ではIntelliPowerとなっていてよく分からないのですが、これは5,400rpmのようで、速くはないようです(マイナビニュース-『NAS向け最新HDD「WD Red 6TB」×ロジテックのRAID対応HDDケース – 信頼性に優れた外付け12TBストレージを構築する』 http://news.mynavi.jp/articles/2014/10/22/wdred6tb/)。WD Redは、速度よりも静粛性や耐久性などに重点を置いた製品になっているようです。

速度的にはSSDの方が、やはりもう少しいいなと思う今日この頃です。
ただ、これに切り替える手間や、速度向上の効果を考えると、それ程交換したい訳でもありません。
今度新しいシステムをインストールするときには、SSDにしたいと思います。

コメントを残す