日食をピンホールで観察する方法

金環日食を観察する際に、日食グラスや同様のフィルムを使用する方法がありますが、それを使っても太陽を観察するのは合計2分未満にすべきだ…とTVで専門家が言っていました。日食グラスなどはわずか2分ほどしか使用できず、しかも十分な性能でない、使うべきでない日食グラスかもしれないとなると、買うのにも慎重にならざるを得ません。

ピンホールという観察方法があります。今ひとつピンと来ない名前ですが、ピンで開けたような小さな穴(ホール)を利用する方法のようです。その方法が下記サイトにわかりやすく解説されていました。これをうまくやれば、同じ場所にいる人たちと一緒に観察することもできるとTVでやっていました。事前にピンホールを用意して丸い太陽でも観察して備えておきましょうか?

世界天文年2009 日食観察ガイド
http://www.astronomy2009.jp/ja/webproject/soecl/howto_pin.html

コメントを残す