ギネスの閲覧

ギネスブックの記録は、英語ならばWeb上で見られるようです。高い日本語版を買っても直ぐに古い物となってしまうのですから、Webを利用するのがよいのかもしれません。アマゾンで、日本語版書籍のコメント数、評価数が妙に少ないので疑問に思ったのですが、Webで済むというような真実を掲載すると、販売妨害になるからそういう書き込みが除外されているのではないかと思います。そういう言論統制があるのではないかという疑念を抱かせるものであり、そのようなものを重要な購入基準としてしまうことの危険性は少なくないものと思います。

ギネスの英語版Webページ:
http://www.guinnessworldrecords.com/

更新