SSL

SSLはインターネット(Web通信)での暗号化通信方式です。
ウェブサイトの閲覧のほか、メール等でも利用される場合があります。

ウェブサイト閲覧時に暗号化通信でない場合のURLが次の通りだったとします。
http://your-site.com/

これを暗号化通信する場合、https://で始まるアドレスとなり、通常、次のようなURLになります。
https://your-site.com/

このようにhttp://より後の部分が同一なまま利用できるSSLが独自SSLです。

同じWebサーバーにアクセスするのに、SSL使用時にURLがかなり異なる、共有SSLもあります。
共有SSLは、例えば以下のようなURLになる場合があります。
https://rental-server-a.com/your-site/
https://your-site.rental-server-a.com/

これでは閲覧者からも、暗号化通信でないときと同じWebサーバーへのアクセスかどうかわかりません。
かつてレンタルサーバーでは、共有SSLは無料で利用できるものの独自SSLは有料でしたが、近年、レンタルサーバーで独自SSLも無料で利用できるようになってきました。

従来は、入力フォーム、ショッピングカートなど、ウェブサイトの一部だけ暗号化通信を行う場合が多かったですが、近年はウェブサイト全体を暗号化通信の対象とする、常時SSLも多くなりつつあります。

更新