iTunesでiPadの同期失敗の件、解決しました

標題の件、結局、アップルのサポートに聞いて解決しました。

最初は、サポートの方も紹介してくださり、自分も見付けていた下記のアップルのサポートページに従って修復を試みました。

iTunes for Windows:「データクラス情報を読み込めませんでした。」または「プロバイダデータを読み込めませんでした。」という同期サービスの警告
http://support.apple.com/kb/TS2690?viewlocale=ja_JP (リンク切れのため、リンク解除しました。 2017/11/09)

けれども、設定画面の表示などがあまりにも遅く、その辺が以前よりも遅くなったと思うと答えたところ、サポートの方の作戦変更で、アンインストール後の再インストールということを提案されました。下記のサポートページです。

Windows Vista または Windows 7 での iTunes、QuickTime、その他のソフトウェアコンポーネントの削除および再インストール
http://support.apple.com/kb/HT1923?viewlocale=ja_JP

上記サポートページによると、ずいぶん色々なソフトを、手順を踏んでアンインストールしなければならないことがわかります。サポートの方の指示に従い、ここに提示されていた6ソフトのアンインストール後、Safariもアンインストールしました。これらのアンインストールではデータは消えないとのことでしたので、バックアップはとりませんでした。アンインストールの確認は大変なのでしなくてよいでしょうとのアドバイスに従い、プログラムの削除のための一覧から消えたことだけを確認しました。

自分では自作マザーボードのドライバのアップロードといった違う方面にまで注意を向けていたのですが、サポートの方の的確なアドバイスで、スムーズに無事解決できました。

なお、3ヶ月間以上経っていたため、別途サポート料が必要とのことで、上記のサポートを受ける前に3,000円のサポートチケットを購入しました。これは依頼事項について1ヶ月だけサポートできるというチケットです。サポートの方は、通常1年間のメーカー保証が2年になり、その間電話サポートも受け放題という7,800円のアップルサポートを強くお勧めでしたが、そこまでは不要と思い、上記の選択をしました。

更新

コメントを残す