ランニングシューズ「エキデンスピリットDR2」の重さ

エキデンスピリットDR2ランのスピード練習用に、ミズノのシューズ「エキデンスピリットDR2」を購入し、3ヶ月ほど使用してきました。

同社のランニングシューズは、箱に「ランニング」「レーシング」などと表記があり、種類が分かりやすくなっています。
エキデンスピリットDR2の場合、「エキスパート」となっています。
「エキスパート」という表記はかつて店頭でも確認したことがあり、そのときのシューズも駅伝用でした。
「エキスパート」は駅伝用を表しているようです。

重さ

実測129gでした。
このはかりは、あまり正確ではないかもしれませんが、とても軽いです。

同社のメジャーなランニングシューズシリーズ「WAVE RIDER」の17は241gでしたから、DR2は、この半分ほどの重さしかありません。

同社のレーシングシューズ「WAVE SPACER DYNA」は166gでしたから、DR2は、これより20%以上軽いです。

(WAVE RIDER 17とWAVE SPACER DYNAの重さについては、当サイトのランニングシューズの重さより)

使用してみて

エキデンスピリットDR2底面
エキデンスピリットDR2底面は、グリップ力が強化されているようです。レーシング用に比べてシンプルな印象です。

軽くて、インターバル走をしても足が痛くなりにくい感じです。

速く走れるかというと、特に上述の他の2シューズよりも速く走れるということは無いようです。
ほぼ同時期に坂道インターバル(坂道ダッシュ)を行なって、WAVE RIDER 17の方が速く走れたときもありました。
ただ、WAVE RIDER 17のように重いシューズのときには、スピード練習後に足が痛くなることがたびたびありましたが、このシューズではそういうことがほとんどありません。
そういう点で、スピード練習に特に向いているシューズです。

見た目もなかなか好きです。

ただ、インソールが外せません。
購入時から明記されていたので、事前に知っていたことではありました。
シューズの説明に3~20kmの駅伝向きとあったように思いますから、20km未満のスピード練習専用で使用しています。
長距離使用して蒸れてしまうと、インソールが外せないためによくないかもしれないと思い、それ以上の距離のときには使用していません。
このような用途のシューズは特に持っていなかったので、これも価値あるシューズとなっています。

コメントを残す